カテゴリー:記事
可部vs大塚 試合模様③! 平成30年度 広島市中学校サッカー選手権大会 (2018-06-13)
会場:広島なぎさ

最初のチャンスを決めたのは可部。ゴール正面で7番がボールをキープし、後ろから走り込んだ2番へパス。エリア外から2番は右足で低いシュート打つとゴール右隅に決まる。
大塚も反撃に出る。失点後すぐに相手エリア前でボールを動かし同点ゴールを奪う。
開始から10分もたたないうちに両チーム得点を奪う、運動量ある試合展開になる。
可部は前線で10番がボールキープをし攻撃の起点となると、それに18番がサポートに入り、様々な形から大塚ゴールに迫る。
大塚もゴール前11番のおしいヘディングシュート。9番の遠目からの素晴らしミドルシュートで追加点を狙う。
前半1-1で折り返す。後半両チーム得点を奪うも最後は大塚が逃げ切り3-2で勝利する。










試合結果
関連イベント:平成30年度 広島市中学校サッカー選手権大会