カテゴリー:記事
瀬戸内vs立正大淞南 第17節! 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2018 中国 (2018-12-06)
会場:広島皆実高校サッカー場

瀬戸内 4-0 立正大淞南

立ち上がり、淞南はゴール前で狭い局面を、ワンタッチパスを有効に使い、相手ゴールに迫る淞南らしいサッカーを披露する。12番のドリブル、8番の起点となるボールの受けで得点を狙う。
瀬戸内は10番、6番がボールを落ち着て動かし起点となる。すると10番がゴール前での混戦から右足でミドルシュート、そのこぼれ球に7番が詰め先制点を奪う。さらにCKから4番が頭で決め、瀬戸内2点リードで前半を折り返す。
後半に入っても瀬戸内イレブン足を止めることなく、運動量活かし相手に自由を与えないプレッシング。10番は3点目となる20番へのアシスト、裏へ飛び出し自ら決め4-0とする。
このまま試合は終了し4-0で瀬戸内が勝利するととともに、残留に大きな勝点3を積み上げた。


得点者
28分 瀬戸内 7番 吉田寛太
40分 瀬戸内 4番 大西健太
51分 瀬戸内 20番 中川歩夢
68分 瀬戸内 10番 佐々木達也




















試合結果
関連イベント:高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2018 中国